News

新着情報

2019年10月2日

中国、深圳に行ってきました。

2019年9月27日、中国で活動する『行動派』の招きで、女性のキャリアや起業をテーマにした講演会を行いました。深圳はシリコンバレーと秋葉原!をドッキングしたような場所。IT特区になっていて、中国全土から起業して成功したい若者達が押し寄せてきています。本当に街中には若者しかいません。『行動派』は創業者のチィチが廈門で、たった4名から始めた会社ですが、今では深圳にオフィスを構え、200都市、9カ国に拠点を持ち、深圳のスタッフは120名にもなります。平均年齢は22歳だとか!
行動派は学びのコミュニティです。参加者は300万人。講演会に集まってくれたのは、中国全土から集まった300名の男女です。小林照子の生い立ちの紹介から始まり、コーセー時代、起業〜現在までの道のりを、経験に基づいてお話ししました。皆、熱心にメモをとったり、質問してくれたりで、大変盛り上がり、あっという間の90分でした。

後半の講演会では、中国で人気の美容家ペイシーさんが、起業についての講演を行いました。ペイシーさんは、ご自身のコスメブランド「SENJADE」を運営するほか、美容家として54万人のフォロワーを持つSNSのインフレサーでもあります。その数のスゴさに、日本との違いを感じます。意見交換などもして、小林照子が開発したV℃Rやプリズムエッグなどをプレゼントしました。

キャッシュレスも実際に体験しました。本当に現金もカードも使えない。しかし、案外それは、不自由な感じもあって、あらかじめアプリをDLして、顔写真や引き落とし口座を登録しておかなければ、深圳ではコンビニで買い物すらできないのです。街中に流しのタクシーはほとんどいません。みんなDIDI(ウーバーの中国版みたいなもの)で駆使して呼び、DLしていなければタクシーも乗れません。街中は清潔で、皆熱心にお掃除しているためか、道路にゴミなどはありません。電気自動車が普及していますから、空気も綺麗です。今まで知っている中国とは、全く違う洗練された若い中国がここにはありました。たった4日の深圳滞在ですが、色々と刺激を受ける日々でした。